二人の子供のお母さん。 中学生当時の長男と姫が、起立性調節障害になったり中学校に行けなくなったり・・。 泣いたり笑ったり、何も無い様でいろいろある日々を送っています。

いろいろある毎日・・それでも幸せ



姫ちゃんのこと  行きたい!

朝、パパさんと姫とのやり取りがあった後。
何となく、元気が無い姫。

今日は、鼻づまりがひどい感じ。
鼻が、ぐじゅぐじゅしている。
私が、何を声掛けしても、
あまり言葉を返してくれない。

私は、
「今日の登校は、姫の思うようにしてあげよう!」と思っていたので、
普通に接する事にした。

やがて、長男が、ぼ~ッと起きてきた。
最近、ちょっと、食欲が無い事が多いのだが、
今朝は、食べる!という。
早速、おじやを作った

ところが、いつもきちんと朝食をとる姫が、食べない!と言う。
じゃあ、ホットミルクを飲まない?と聞くと、それなら、飲む!と言ってくれた。
大きなマグカップにいっぱいの、ホットミルクを作り、姫に渡した

美味しそうにホットミルクを、両手で抱えて飲んでいる姫
ふ~ふ~!と「旨い!旨い!」と言いながら、おじやをおかわりして食べている長男

学校へ行けない二人なんて、嘘みたい

食事が終わる頃、長男が、姫に話しかけていたが、
相変わらず、返事をしない姫。
察しがいい長男は、「何かあった?」と聞いてきた。
「まあね。」
あいまいな返事をしたが、長男には、わかっちゃう

「だいたい、予想はつくよ。お父さんと何かあったんでしょ。
でも、仕方ないよな。俺も、いろいろ言われたからなぁ

さすが、察しのいい長男

姫の鼻炎症状が、どんどんひどくなるので、薬を飲ませたら、
昼前に爆睡してしまった
  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:6
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  まったく、もう!!

校長室でのお茶会の話しを、パパさんにした。

長男の事に引き続き、
今度は姫の事で、校長室をお訪ねする事を、パパさんに話した時、
「校長先生は、今の時期、3年生の受験の事で忙しいんじゃないのか?迷惑だと思うよ
と、
私が、校長室へ伺うことを、余り賛成する雰囲気ではなかった、パパさん。

これまで、何回も、姫の事を話してきたけれど、
「何故、兄妹二人して、うちの子たちは、こんな事(不登校)になってしまったんだ?!」と言う思いが強いパパさんにとって、
反対の耳から、全てこぼれ落ちている感じ。

この日、学習室の話しをしたけれど、やっぱり、耳に入っていない、
というか、『聞きたくない!』と言うニュアンスが正しいみたい。

「『学習室』だろうが、『別室登校』だろうが、
学校の教室に普通に登校して、授業を受けられないなら、何の意味も無い!」
というのが、パパさんの見解らしい。

「学習室の事は、本人に聞いてみなくちゃ、わからないだろ。」と、
姫自身が、学習室の事を考えたい!と言っているんだ、という、私の説明自体は、まるで耳に入れてくれない。

そして、夕食の時。
パパさんが、姫に話し始めた。



  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  復活!お茶会

夕方5時半に、学校へ行くようになった姫
先生とあれこれ話し、「学習室」のことも、前向きに考え始めた姫

本当にちょっとづつ、前に進んでいる姫に、私は拍手をしていた

先週、姫が担任の先生に「学習室」の話しをして戻ってきた日。
校長先生が、姫に声をかけてくれた。
これまでも、姫が学校に行き、廊下で会うと、挨拶をして下さったりしていた。
きっと、気に掛けてくださっていたのだろう
そして、
「『車のなかは冷えるし、また校長室に、コーヒーでも飲みにいらっしゃい。』って、校長先生が言っていたって、お母さんに伝えてくれるかい」と、
声をかけてくれたらしい。
車に戻った姫が、すぐに、伝えてくれた。

校長先生は、長男の時も「コーヒーを飲みにおいで!」と誘ってくださり、様々なお話しをしてくださった。
私も、そして長男も、
そのことでとても穏やかな気分になる事が出来た。

そして、今回もまた。
ありがたかった。
翌日、すぐに行く事にした。
姫が担任の先生と話している間、私は校長室に・・・・
姫の登校時間に合わせて、私が支度をしていると、
なんだか姫がそわそわしだした

「お母さん、本当に校長室に行くの?」
「いいんじゃない?車に居れば?」

校長室って、学校の中でも特殊な場所の感じがするだろうから、
そりゃ、そうだろうな。
自分が行かなくても、親が行く!と言うのは、緊張するよね。
まして、姫の現状で・・・・

「大丈夫だよ。お母さんは、お兄ちゃんの事でも、校長室に何回も行ってるから。それに、校長室のコーヒーって、美味しいんだよ
って、言いながら、学校へ向かった
  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:0
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  学習室

先日、夜中に、ふと目が覚めた

姫は、部屋でまだ起きていた。

私:「あれッ、まだおきてるの?眠れないの?」
姫:「う~ん、眠くならないんだもん。」
私:「一緒に、お布団の中で話しでもしますか?」
姫:「うん、いいよぅ

ということで、二人で布団に入って、あれこれと話しをした。

くだらないおふざけ話から、まじめな話しまで・・・・
やがて、姫のこれからの話になった。

私:「前に、もう転校したい!って言っていたよね。今も、そう思う?」
姫:「転校は、もうしたくない。」
私:「なんで?」
姫:「今は、担任の先生が、毎日いろんな話を聞いてくれるし・・・。」
私:「それは、本当に良かったよね。
   先生は、本当に気を使ってくださって。
   そのおかげで、姫も、夕方だって、学校に行っているものね。」
姫:「うん。」
私:「でも、この先の事を考えると、このままでいいわけじゃないよね。」
姫:「うん。」
私:「どこかで、状況を変えていかないとね。」
姫:「うん、わかってる。私は、学校へ行けなくなった理由が、お兄ちゃんとは違うんだ。
   でも・・・・・・・まだ教室には入れないし、人が沢山居る学校には、入れない。」

姫は、わかってる
姫は、考えてもいる

でも、まだ・・・・自分では、動けない

ここかな
無理矢理に引っ張りまわすのではなくて、
自然に、自分から動けるようにしてあげるには、どうするのか?

  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:6
  3. [ edit ]
続きを読む


子供達のこと  力を借りて・・

姫は、午後5時半の登校を続けている。

長男に、
「お前は、登校しなくちゃだめだ!」と言われ、耳をふさぎながら洗面所にこもり、泣きながら寝ちゃった事。
お父さんに、
「おまえまで、学校に行かないなんて、とんでもない!」と言われ、布団をかぶり、縮み上がっていた様子は、無くなった。

家族も、少なくとも長男は、姫の事を見守ることにしてくれた。
姫の事を、一番気に掛け、一番わかっていてくれているはずの長男だから、いろいろと長男なりに、姫の事を悩み、考えてくれている様子が、よくわかる。

まだ、姫が10ヶ月の赤ちゃんだった頃。
痙攣を起こした姫を、傍で見ていた3歳の長男が、
あまりにも姫を心配して、夜中に眠れず、うなされた。
小児科の先生は、まだ3歳の子は、すぐに忘れてしまうから大丈夫!と言っていたが、
その後、何日もうなされて、
起きている時は、姫を心配して、片時も傍を離れなかった長男。

今でも、それは変わらない。
トンでもなく喧嘩はするけれど、
中3と中1の兄妹にしては、良く話しもするし、仲が良い

自分の気持ちを、周りの為に押し殺す姫。
今、少しだけ、精神的に楽に過ごせる様になった感じでは、いる。

お兄ちゃんと、担任の先生の助けを借りて、
すこしでも、背中にしょっている重い物を、ちょっとづつ降ろしていって、欲しい。
私も、その為に、姫にとって何が必要なのか、考えていこうと思う。
  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


姫ちゃんのこと  「夕方 登校します」

姫は、その後、毎日、午後5時半頃に登校している

長男もそうしている。(最近、なかなか行けないのだけど・・・

でも、長男の場合は、
『夕方にならないと、体調がよくならない」と言う理由。
起立性調節障害の長男にとって、陽のある時間は、とても動けなかった。
でも、日暮れ近い時間になると、動けるようになってくる
学校へ行くとしたら、夕方以降でなければ、無理だった。

姫の場合は、
『部活も終わり、夕方以降の誰も居なくなった学校でなければ、入れない』のだ。
どうしても、友達の目が気になる。
学校に行く道すがら、下校していく友達の姿を見かけると、コートで顔を覆って隠れる
車の中で!である

このブログを読んでくださっている、みなさんからのコメントに、
姫の夕方登校を、認めてくださっている内容のものを見つけると、
正直、嬉しい
でも、私の心の中には、一抹の不安が・・・・

それは、今の姫の状況を、学校がどう思うか・・・ということ。
  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:12
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  誰もいない校舎

あれほど、行く!と言っていた部活にも、「行けない」と言い出した姫。

長男が、久しぶりに夕方学校に行こうとして、リビングで、制服に着替えていた。
姫は、その横で、下を向いて本を読んでいた。

私は、何となく姫に声をかけた。
「姫も、お兄ちゃんと学校行かない?

この日も、部活の朝練には行けず、午後練も行きたくない、と言っていた姫。
すでに学校にも(担任の先生にも)その旨連絡していた

「嫌だ」と横に、頭を振った。

私は、無理やりでも、つれていく!というつもりは無かったので、
「そっか じゃあ、留守番頼むね。」
と、長男と出かけた。

学校に行き、提出するものを担任の先生に渡して、車に戻ってきた長男。
車に乗ると、「姫の担任の先生に会ったよ!『お兄さんと一緒に、姫ちゃんも来れば良かったのにね。この時間なら、誰も居ないし・・』って、言ってたよ。」と、話してくれた。

家に帰って、姫にそのことを話した。
「ふ~ん」と言う反応。
嬉しいのだろうと思うが、それを、表に出せない感じ。
寂しいなぁと思った。
学校の事が話題になると、どうしても、表情が乏しくなる。
全く、表情が無くなるわけではないので、まだ良いけれど・・・ね。

  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  揺れ動く思春期

学校行事が終わって、週があけ、
姫は、部活の練習にも行きたくない!と言い出した。
昨年、冬休みに入ってから、「行きたくないなぁ」と言い出していた姫。
年が明け、学校行事には行ったけど、部活は・・・・

姫は、部活で、嫌な思い出がある。
「その時に、自分のエネルギーを全て使い果たした」とも言う。
その後、先輩の引退に伴って、その嫌な思いは、なくなったかのように思えたが、実は、違った。
コンテストの練習をする友達が、姫に愚痴る。
「先輩が・・・・」って。
姫にとって、それは、自分の経験した嫌な思い出と、だぶって思えたのでしょう。

元から、姫は、みんなの愚痴の聞き役。
相談相手。
みんなの嫌な事が、姫の下に集まってきて、
それを姫が、
「これは、こっち!それは、あっち!」と、冷静に判断してあげて、
みんなはそれで「あッ!そうか!そう考えればいいんだね!姫ちゃんに話してよかった。」と納得していくらしい。

自分が、最高学年になるまで、部活に行かない!って、言っている。

私は、「それでも、いいや!」なんて思うところもあったりするけど、
相談室に行って、姫の行事後の様子を含めて、相談室の先生に話してみようと出かけた

突然だったけれど、先生は快く受け入れて下さった。
その日は、スクールカウンセラーの先生もいらしていて、本当に運よくお話を聞いていただいた。





  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]
続きを読む


姫ちゃんのこと  無事に帰ってきたけれど・・・

姫、無事に学校の行事から、帰りました。

一日目に関しては、全ての予定に参加出来たようだけど、
二日目は、夕方から吐き気と微熱が出て、レクレーションとお風呂はパスしたらしい

楽しいこともあったけど、姫にとっては、そればかりではない行事だった様子。
長男は、「すごく楽しかったぁ~」って、帰って来たけど、
姫は・・・・・そこまでは行ってない感じだな。
やっぱり、教室内に対しての特別な思いで、苦しんでいる姫と、
元々、起立性調節障害という体調の問題で、欠席が続いてしまった長男とは、違うよね。

それでも、一日目のお風呂へダイブして
その瞬間は、最高に楽しかったと話してくれた姫の笑顔があったので、
この行事参加は、です。

心配してくださって、頻繁に声をかけてくださった担任の先生や、
保健室の先生、その他、姫の現状をご存知の先生方には、感謝です
ありがとうございました。
  1. 不登校いろいろ
  2. / comment:4
  3. [ edit ]


起立性調節障害で、受験を控えたみんな~!!

いよいよ、1月も半ばです

そろそろ、日本中で高校受験のシーズンが、はじまります

起立性調節障害になり、
不登校になり、
みんなは、
これまで、いろんな苦労や努力をして、ここまで来たことでしょう

でも、ここまで来たんだから・・・
そう ここまで来れたんだから・・・大丈夫

みんなは、
特に何も無い中、受験を迎えた同級生と比べたら、
どれほど大きな心を持った人間に、成長していることでしょう

面接がある学校なら、きっと、みんなの大きな心を感じ取ってくれるはず

な結果が出たら、
その学校のすばらしさを、かみ締めながら、
自分の事を、自分で沢山ほめてあげましょう

そこら辺の受験生以上に、沢山の事を考え、感じ、悩み、
また、受験校に関しても、
そこら辺の受験生以上に、沢山の事を考え、悩み、選び抜いた事でしょう。
こんなに真剣に、受験に取り組んでいる中3生は、いないよ
必死に勉強してきただけの子達では、
これほど、自分の将来を考え合わせて、『受験すること』自体について、考え抜くことはないと思う。
とんでもなく不利な状況の中、
自分のこれから進む道を真剣に考え、持てる力を振り絞って受験に望んだみんなは、
絶対に、幸せになれるに決まっているから・・・

4月以降に思いをはせて、
残りの中学校生活は、自信を持って、前だけを見て、歩いて行こうね  


もし、な結果が出たら、
それは、
その学校が、みんなの大きな心を感じ取れなかった『鈍感な学校』だったんだなぁ!と思いましょう
こんなに大きな心を持った自分を取らないなんて、もったいない事をしちゃって、馬鹿だなぁって、思っちゃいましょう。
そして、次を考えればいいんだからねッ


受験票は、忘れずに

前の晩に、荷物と交通機関の時刻等の確認を

前の晩、もし眠れなかったら、

とっとと布団を出て、

一番、自分の話を聞いてくれる人と、

一緒にホットミルクを飲みましょう



ちなみに長男は、睡眠リズムが乱れていたので、
受験の前日、午後4時頃眠ってしまって、
当日の午前2時頃に目が覚めて、
そのまま、起きていて、6時に朝食を食べ、7時過ぎに、高校に向かいました

睡眠時間が、きちんと取れていれば、あとはタイミングです

自分なりに、体調を整えてね。

テストや作文の用紙に、名前を書く事も忘れずに


みんな、頑張っておいでねぇ
  1. 起立性調節障害や不登校の受験生へ
  2. / comment:9
  3. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

ブログ内検索

過去ログ +

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【3件】
2017年 02月 【2件】
2017年 01月 【2件】
2016年 10月 【4件】
2016年 09月 【3件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【5件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【3件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【3件】
2015年 08月 【2件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【3件】
2015年 03月 【3件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【3件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【2件】
2014年 09月 【4件】
2014年 07月 【5件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【6件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【6件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【10件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【7件】
2013年 07月 【3件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【9件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【9件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【2件】
2012年 10月 【4件】
2012年 09月 【6件】
2012年 08月 【17件】
2012年 07月 【13件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【11件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【4件】
2012年 01月 【7件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【10件】
2011年 10月 【4件】
2011年 09月 【6件】
2011年 08月 【4件】
2011年 07月 【4件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【4件】
2011年 04月 【7件】
2011年 03月 【5件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【4件】
2010年 09月 【7件】
2010年 08月 【10件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【5件】
2010年 04月 【5件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【6件】
2009年 10月 【4件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【5件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【6件】
2009年 04月 【13件】
2009年 03月 【13件】
2009年 02月 【6件】
2009年 01月 【12件】
2008年 12月 【12件】
2008年 11月 【11件】
2008年 10月 【12件】
2008年 09月 【15件】
2008年 08月 【10件】
2008年 07月 【14件】
2008年 06月 【15件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【11件】
2008年 02月 【7件】
2008年 01月 【9件】
2007年 12月 【4件】
2007年 11月 【14件】
2007年 10月 【13件】
2007年 09月 【9件】
2007年 08月 【12件】
2007年 07月 【13件】
2007年 06月 【18件】
2007年 05月 【19件】
2007年 04月 【17件】
2007年 03月 【21件】
2007年 02月 【19件】
2007年 01月 【16件】
2006年 12月 【20件】
2006年 11月 【18件】
2006年 10月 【20件】
2006年 09月 【21件】
2006年 08月 【17件】
2006年 07月 【17件】
2006年 06月 【29件】
2006年 05月 【6件】

全ての記事を表示する

FC2カウンター

FC2ブログランキング

お気に召したら、クリックお願いします。

FC2ブログランキング

Powered By FC2ブログ

羽ばたけ♪

はじめていらした方へ

・2006.5月からの「長男君のこと」には
長男が、起立性調節障害になってからの事を書いています。

・2006.11/15の「長男君のこと」には
長男の主な症状をまとめました。

・2007.3/2の「長男君のこと」には
長男が服用した薬をまとめました。

・2006.9/7頃の日記、読んでみてね

・2007.11/27の日記には、ある講演会の内容をまとめました。


*2006.12月頃からの
「姫のこと」「姫ちゃんのこと」「姫ちゃんの事」には
教室に入れなくなった姫の事を綴っています。


***カテゴリー欄がお役に立ちますよ!!***

最近の記事+コメント

プロフィール

パンダまま

Author:パンダまま
関東在住。
パパさん(別名 地底人)、
長男君
(H3生、H16から起立性調節障害)、
姫ちゃん(H6生、H18の冬、教室に入れず、アトピー等アレルギーの悪化、H21年から起立性調節障害)
四人家族のパンダみたいなお母さん。

ブロとも申請フォーム

« 2007 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -